2012年01月11日

EDIUS Neo3の機能と操作性

EDIUS NEO3の機能と操作性!



EDIUS NEO3の機能・操作性はどんなものか、順を追ってご紹介します。



1.起動

 インストールマニュアルに従ってインストールの開始。


2.プロジェクトの設定

 編集作業のための事前指定:編集作業を行うフォルダの指定、手持ちのカメラタイプ(データ保存タイプ、テープ保存タイプ)をアイコンで指定。


3.キャプチャー

手持ちのカメラタイプをアイコン指定し、カメラとPCを接続して、ソースブラウザ機能によりカメラ内の編集対象ファイルをPCに取り込む。


4.編集

映像の移動、カット、順番等を画面(プレビューウィンドウ)を見ながらキーボード、マウス等により編集。


5.エフェクト

 多彩なエフェクトが可能です。
・映像そのものを編集するビデオフィルタ
・映像と映像のつなぎに特殊な場面転換を加えるトランジション
・その他映像合成、音楽ファイル適用エフェクト
・映像や画面のサイズ・表示位置変更、拡大縮小、回転、移動、透明度、背景色、
アニメーション(時間パラメータ指定)編集のレイアウター


6.その他必要に応じてタイトル編集、オーディオ編集、アフレコの編集が可能


7.出力

 完成した映像を、ファイル指定、エクスポート指定、出力媒体指定をして出力する。
 メニュー編集にて、文字入力やチャプタータイトル編集が可能




EDIUS NEO3の機能・操作性、お分かりいただけましたでしょうか。


>>>EDIUS NEO3純国産のデジタルノンリニアビデオ編集ソフトウェアの詳細は、下の画像をクリックの上、ご確認ください。





ラベル:EDIUS NEO3 機能 操作性
【関連する記事】
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。